定期的に健康診断を受けよう~腸閉塞も見つかる~

医者

胸の痛みには

看護師

原因や症状

癌性胸膜炎とは癌が胸膜に侵食され、胸に水が溜まってしまう病気です。癌性胸膜炎がおこる原因としては、悪性腫瘍があげられます。特に、肺癌、乳癌、胃癌、卵巣癌などが原因にあげられています。最初に胸痛や咳などの症状があらわれます。そのため、初期症状だけでは、風邪の類いだと思われてしまい、気づかれにくい傾向にあります。症状はこれだけでなく、胸に水が溜まっていくと呼吸困難などの症状が出てくるので早めに治療していかなければなりません。咳や胸痛の症状だけでは病院にいかない方が多いと思いますが、もしかしたら癌性胸膜炎の恐れもあります。突然の胸の痛みや、強い咳などの症状が現れた場合はすぐさま病院を受診して診断してもらいましょう。早期に見つけることで、完治する可能性も高まります。

治療法や予防

癌性胸膜炎は胸部エックス線検査で、胸に水が溜まってないかなどをみて、診断されます。治療法ですが、胸腔ドレナージを使用します。胸腔ドレナージとは、胸腔にチューブを入れて溜まった水を外に出すことです。胸に溜まった水を出し、胸水が減ったらすぐに抗がん剤を打って治療していきます。癌性胸膜炎を見極める一つの方法として、深呼吸や咳をしたときに胸の痛みが出る方は癌性胸膜炎を意識した方が良いでしょう。早めに内科に行なって診察してもらうことをお勧めします。次に予防についてですが、癌性胸膜炎の原因は癌なので、癌を防ぐことが重要です。癌は生活習慣の乱れや過度のストレスなどが原因で発症してしまいます。今の自分の生活をしっかりと見直してみましょう。